MINI-Z CUP 2019

MINI-Z CUP 2019

日ごろの成果を試すには格好のオフィシャルレース「ミニッツカップ」に参戦しよう!

1999年12月に販売開始したミニッツ、おかげさまで今年は20年の節目を迎えます。単4乾電池4本で最高の性能を発揮するよう設計された手のひらサイズのミニッツは、誰でも簡単にはじめられる手軽さから多くの人々に愛され、今では日本以外の国から参加される選手もいます。ミニッツカップは多くの人の親交を深め“ミニッツの輪”を広げる楽しさもあります。

ビギナーは、本格レースの緊張感を ベテランは、さらなるスキルの向上を。

2019 開催クラス


今シーズンのミニッツカップは全10クラス。ビギナーからエキスパートまでが楽しめる様々なクラスの他、チームでの耐久戦“エンデュランス クラス”が新設。個人戦とは違う緊張感や責任は大きいが、勝利した時の喜びは倍以上。さあ、今シーズンでアナタが参加してみたいクラスを見つけて下さい。

今シーズンのミニッツカップは全10クラス。


ENJOY RUN / ミニッツ エンジョイラン

 

お手持ちのミニッツレーサー/ AWDシリーズで、ミニッツカップの雰囲気を体験して頂く為の走行会。レースは行わず順位付けは致しません。計測は行い、参加者にはラップチャートを配布します。※計測が必要な方で、計測用のICタグをお持ちでない方はレンタルもございます。
NOVICE / ノービス クラス

★★★★★

初めてエントリーするならこのクラスがオススメ!ファイナルチャンピオンシップへの参加権がかからないので気軽に参戦でき、ナロー・ワイドの区分けもないため多種多様なボディで参戦可能。 レース体験に最適なクラス。
PRODUCTION / プロダクション クラス

★★★★★

昨シーズンより新設された、RWDシリーズのみで使えるパーツも少なく、ノーマルに近いシャシーで参戦可能なクラス。 2018年シーズンよりも使えるパーツが増えたが、依然としてセッティング及びドライビングテクニックが問われるクラスと言える。>
FWD / FWD クラス

★★★★★

前輪駆動シャシー、ミニッツFWDシリーズのみで争われるクラス。前輪駆動ならではの走りを楽しめる反面、いかにトラクションを稼ぐセッティングがカギとなり、前輪駆動特有のドライビングが必要となる。
N/TOURING / ナローツーリング クラス

★★★★

旧JSCCから発展したナローボディとパワーを抑えた駆動系で争われる人気No.1クラス。 ギヤ比固定で争われるので、一瞬の失速が勝敗を分ける! 国産スポーツカーのラインナップが多く、親しみやすい反面、高度な車体づくりが要求される。
W/TOURING / ワイドツーリング クラス

★★★★

昨シーズンまでナローツーリングと同じパワー系だったが、今シーズンからは一つ上のパワーソースが使えるようになったワイドツーリングクラスは、今年の目玉かもしれない。よりハイスピードバトルが展開されるだろう。
OPEN / オープン クラス

★★★★★

全クラス中、最速の車体で争われる。 他のクラスを制してきてミニッツカップ頂点を狙いたい人に最適! 最速マシンを操ってミニッツ最速の称号を目指してみては?
DRIFT / ドリフト クラス

★★★★★

ワイドツーリングクラス同様、今シーズンからワンランク上のパワーソースが使用可能。 しかしながら、限られたグリップをいかに引き出せるかが勝敗のカギとなる。 パワーだけでは勝てないのもこのクラスの醍醐味だ。
ENDURANCE / エンデュランス クラス

 

今シーズンより新たに加わったミニッツカップ唯一のチーム戦。ドライバー2名による耐久レースで、目玉はダミーバッテリーを1本使用する3セル仕様。 スピードに制限がかかり、スプリントとは違った集中力や時には燃費走行も求められる。 ドライバー交代のタイミングも重要だ。
EXPERT / エキスパート クラス

 

レースで入賞し、ファイナルチャンピオンシップへの代表権を獲得した選手のみがエントリー可能なクラス。 ファイナリストによるハイレベルなレースが展開される。会場ごとに開催クラスが異なる。 ※エントリー受付時に発表。

ミニッツ20周年特別企画!


【ミニッツ20周年特別枠】

ファイナルチャンピオンシップ代表権のあるクラスの決勝Aメインを走行された選手を対象に抽選でファイナルチャンピオンシップへの代表権を授与。※詳しくはレギュレーションブックにて

【コースレイアウトを事前発表】

今シーズンのミニッツカップに限り、コースレイアウトを事前に発表させて頂きます。事前のイメージトレーニングにいかがでしょうか?
(※会場の都合により一部変更が入る場合があります。)

公認シャシーラインアップ


公認シャシーをご紹介。選択した先ではボディのラインアップもご覧頂けます。レースでは全てのボディが使用可能ではないので、必ずレギュレーションブックをご覧下さい。

レギュレーション(競技規則)


レギュレーションBOOK

レギュレーション(競技規則)についてはレギュレーションブックを ご覧下さい。カスタマイズに最適なパーツなども掲載しています。[ PDF ]

追加レギュレーション
  • [ 2019.09.04 ] 

    • [ 該当クラス ] 全クラス (選手案内ですでに発表済みの内容となります)
      • 使用モーターについて一度分解したモーターや基準のスペックから外れたモーターは使用できません。販売状態を無加工で使用してください。
        (レギュレーションブック P.04)
      • ピットパドックを使用される場合、テーブル面に必ずピットマット、タオル等を引いて作業頂きますようにお願い致します。お従いいただけない場合は出場をお断りいたします。
        (レギュレーションブック P.05)
  • [ 2019.08.26 ] 

    • [ 該当クラス ] ミニッツカップ公認プロポが使用可能クラス
      • 7月26日に、Flyskys社製Noble NB4及び対応レシーバーユニットを関西ブロックより公認と発表しましたが、発売タイミングから前倒しさせて頂き、「ミニッツミーティング in GR Garage 水戸インター」より公認とします。
    • [ 該当クラス ] ワイドツーリング、ノービス、プロダクション、オープン
      • 上記クラスに「シボレーコルベット ZR1」ボディを追加公認。
        (レギュレーションブック P.04)
  • [ 2019.07.26 ] 

    • [ 該当クラス ] ミニッツカップ公認プロポが使用可能クラス
      • <Flysky社製Noble NB4送信機の扱いについて>
        Noble NB4はFlysky社製の送信機で、京商(株)が正規輸入し日本の電波法に適合させて工事設計認証を取得し、証明ラベルを貼付して販売しております。海外で購入された(並行輸入品含む)Noble NB4には証明ラベルが無いため、日本国内での使用は電波法に違反する恐れがあります。そのため、ミニッツカップにおいては証明ラベルのある正規輸入品のみ使用可能とさせていただきます。
        対応レシーバーユニット(No.82151)と組み合わせて、MR-03EVO/MA-030EVOを使用することが可能ですが、ミニッツカップにおいては公認プロポが使えるクラスのみ使用可能とします。MR-03EVO/MA-030EVOシャシーが使えるノービスクラスにおいてもNoble NB4はご使用になれませんのでご注意ください。
        なお、Noble NB4及び対応レシーバーユニットは関西ブロック大会ミニッツミーティング in GR Garage 水戸インター」より公認となります。
        (レギュレーションブック P.08)
    • [ 該当クラス ] エンデュランス
      • エンデュランスクラスにおいて、支給するバッテリーにはいかなる加工も認めない。
        (例:バッテリーの脱着を容易にするバッテリーへのテープやリボンの貼付やマーキングなど)
        (レギュレーションブック P.04)
    • [ 該当クラス ] 全クラス
      • 1台の車両は1名の参加者で使用すること。1台のシャシーを2名以上で共用してエントリーすることはできません。ただし、エンデュランスクラスにおいては、1台の車両を1チームで使用することとします。
        (レギュレーションブック P.08)
  • [ 2019.07.05 ] 

    • [ 該当クラス ] エンジョイラン、ノービス、ナローツーリング、ワイドツーリング、オープン、ドリフト
      • 上記クラスに「MA-030EVO」シャシーを追加公認。
        (レギュレーションブック P.04)
  • [ 2019.06.28 ] 

    • [ 該当クラス ] プロダクション、エンデュランス
      • LMボディの使用を不可とします。
        (レギュレーションブック P.04)
  • [ 2019.06.11 ] 

    • [ 該当クラス ] プロダクション、エンデュランス
      • タイヤの逆履き(取付溝を外側へ配置して装着)、フロントタイヤへのワイドホイール・タイヤの使用は認めない。
        タイヤ脱落防止の両面テープでの貼付は可。ただしテープの厚みはR246製テープ(R246-1041/R246-1042)を基準とし、1周までの貼付とする。
        車検において外径アップを目的の貼付と判断した場合、1年間の出場停止とする。
        (レギュレーションブック P.04)
  • [ 2019.05.31 ] 

    • [ 該当クラス ] エンデュランス
      • エンデュランスクラスのチーム名は公共の場でのアナウンスなどに使用しますので、主催者側で不適切と判断した場合はチーム名の変更またはエントリーのキャンセルをお願いする場合があります。
        (レギュレーションブック P.05)
  • [ 2019.05.24 ] 

    • [ 該当クラス ] 全クラス
      • 4月下旬に公開しましたコースレイアウトを、周回遅れと接触しにくいように一部変更いたしました。
      • 各大会時のレイアウトの発表を当日発表からエントリー開始時に発表へと変更いたします。(関東ブロック以降)
      • 関東ブロックはレイアウトD(右回り)で開催いたします。
      • エンジョイラン向けにショートカットコースにも対応いたします。ご希望の選手は当日受付時にお申し出ください。なお、この場合、合流地点ではフルコースを走る車が優先となりますので、接触しないよう十分に注意してください。エンジョイラン以外のクラスではフェンスを配置してショートカット出来ないようにします。
      • 会場の都合により一部変更が入る場合があります。
      「コースレイアウト」はコチラ
  • [ 2019.05.21 ] 

    • [ 該当クラス ] ノービス
      • (通知):昨年まで行っていたワイドボディ、ナローボディ別の表彰は本年度は廃止となりました。ワイドボディ、ナローボディに関わらず、上位3名の表彰となります。
        (レギュレーションブック P.04)
    • [ 該当クラス ] プロダクション
      • プロダクション(製品)クラスの主旨から、タイヤの逆履き(取付溝を外側へ配置して装着すること)及び、フロントタイヤへのワイドホイール・タイヤの使用は認めない。
        (レギュレーションブック P.04)
    • [ 該当クラス ] 全クラス
      • 送信機については電波性能に変化を与えず、筐体の外観を著しく変更しない改造を認めます。
        (例)
        認められるもの:ステアリングホイール(スポンジ含む)の交換、グリップの交換及びフィッティング調整など。
        認められないもの:電源種類の変更、外観パーツの総交換など。
        (レギュレーションブック P.08)
      • コードを束ねる結束バンドについて、ネジ止めできるタイプのバンドは使用できないものとする。また、自作の結束用パーツは使用できない。ただし、テープを使ってコードを束ね、そのテープに穴を空けてビス止めすることは認められる。
        (レギュレーションブック P.08)
  • [ 2019.03.19 ] 

    • [ 該当クラス ] 全クラス
      • 参加資格の制限を変更しました。【JMRCA全日本選手権(スポーツクラスを除く)】
        (レギュレーションブック P.05)
  • [ 2019.03.15 ] 

    • [ 該当クラス ] ドリフト
      • 使用するタイヤは、当日支給のドリフトタイヤを無加工に限る。
        (レギュレーションブック P.04)

2019 開催スケジュール


※エントリー締め切り日は各会場により異なりますので、ご注意ください。
●日程、及び開催場所はR/C専門誌上と京商ホームページでもお知らせいたしますのでエントリー前にご確認下さい。
●下記以外にも追加大会がある場合があります。
●開催場所、日程は変更となる場合があります。
●大会エントリー費各クラス ¥1,000となります。※女性、中学生以下は無料。

ミニッツミーティング


  • 地 区
  • 大会名
  • 日 程
  • 申込期間
  • 申込結果のご案内日
  • その他

ミニッツカップ


  • 地 区
  • 会 場
  • 日 程
  • 申込期間
  • 申込結果のご案内日
  • その他

※日程及び開催地は変更となる場合があります。また、会場により参加・観戦に入場料、駐車料が必要になる場合があります。

MINI-Z CUP 2019

ファイナルチャンピオンシップ

日 程:2020年 2月22日(土)・23日(日)

開催地:日産グローバル本社ギャラリー


京商(株)ユーザー相談室

〒243-0021 神奈川県厚木市岡田3050番地 厚木アクストメインタワー7階 TEL:046-229-4115 / FAX:046-229-1501 月曜~金曜日 13:00~18:00 (祝祭日除く。FAX、ホームページは常時受付。)