MANOI PF01 MANOI AT01 KYOSHO アスレチクス ヒューマノイドカップ FAQ イベント モーション ショップリスト マノイレポート お知らせ ダウンロード
KYOSHOは公認のモーション基準の設定しております。(公認基本設定)
現在のホビーロボットは、ロボットのモーション作成の基準となる「ホームポジション」の設定と、サーボの回転方向を変更する「リバース機能」を使用するサーボが、ユーザーにまかされているため統一されていません。 京商は、モーションデータを皆が共有すること、さらにユーザー/京商間のコミュニケーションのスムーズ化等の目的で、この「ホームポジション」「リバース機能」の公認基本設定を選定し、マノイシリーズでは統一化していきたいと考えます。
ホビー用ロボットのモーションとなる基準位置。各関節の中央値「センターポジション」とは異なり、トリムデータを調整することにより直立する姿勢に設定します。 リバース機能とは「サーボの回転方向を逆にする」機能のことです。 MANOI AT01をそのまま組んだ状態では、左右のサーボは同じ方向に動かしても前後逆に動作してしまいます。これを解消するために、リバース機能の設定が必要です。
推奨データ(公認基本設定)を使用していただくとメリットとしては
●誰もが簡単に「ホームポジション」が決められる。
●京商の実践モーションが使える。
 ※実践モーションについては右記で説明しております。
●公開しているモーション(京商HP/個人ページ等)を、ユーザー様が直接ダウンロードする事で、公開モーションの全てを共有することができる。
●プラス/マイナスの方向が決まっているので、直感的にモーションを作成できる。
●間違えてサーボを逆に動かしても、サーボをロックして壊すケースが減らせる。
●サーボを動かして動作方向を確認する必要がない。
京商及びマノイアドバイザーが作成したモーションと、一般ユーザー様からの投稿の中で、特に優れたモーションを「実践モーション」として認証し、これらを京商のHPで公開することによって、誰もが自由に「実践モーション」を入手できるシステムを採用いたします。 一般ユーザー様からの投稿モーションを採用させていただく際は、モーションに作成者の御名前(ハンドルネーム可)と承認日を合わせて掲載させていただきます。